渋滞回避ブログ

このブログでは渋滞回避で利用したルートを紹介します。関東近辺が多いです。土地勘が無い場所もありますので、ご容赦下さい。

横浜方面から海老名JCTを通らず圏央道に入る

渋滞回避度 ★★★☆☆

難易度★★★☆☆

 

ご無沙汰しています。

気付いたら時間が空いてしまいました。

多忙でそもそも出掛けられていない、そして記事化出来ない時期が続きました。

 

そんな中でも通ったイレギュラーなルートを紹介したいと思います。

 

juutaikaihi.hatenablog.com

前にも書きましたが、圏央道が出来まして、横浜方面から中央道、埼玉西部方面への移動が飛躍的に向上しました。

しかし、海老名JCT、そして東名を利用する場合の横浜町田IC付近、そして大和トンネル、綾瀬バス停付近の渋滞は避けられません。

このルートを走った後で、海老名JCTの改良が入りましたが、今回はそれらのポイントを避けて圏央道に入るルートを記事にしました。

 

保土ヶ谷バイパスをそのまま西に向かいます。

保土ヶ谷バイパス横浜町田付近の改良後は、東名に入らずに更に国道16号をそのまま走ってもいいんじゃないか、というモチベーションになる事が多くなってきました。

前のままなら、必ず東名入口の交差点で渋滞にハマるので、東名が渋滞していても、東名に入っていたでしょうね。

 

国道16号を走り、相模大野付近(谷口陸橋)を過ぎて1kmくらいのところに若松二丁目という交差点があるので、左折します。(左にハーレーのお店がある交差点です)

 

左折して少し進むと、若松三丁目という交差点に突き当たるので、また左折します。

 

あとはひたすら真っすぐです。

途中、北里大学病院県立相模原公園の脇を通っていきます。

また、JR相模線の踏切があるので、多少足止めを喰らうこともあるかもしれません。

 

途中のロードサイドには松屋マクドナルド、コンビニも幾つかありますので、海老名SA、厚木PAで休憩しようと思っていた方も、悩まされないかと思います。

 

以前ご紹介した記事のように、圏央道は使わずにひたすら国道16号を走っていくというのも1つの手ですが、今回は迂回ルートで圏央道に入るルートの紹介でした。

行楽期に東京→会津に向かう

渋滞回避度 ★★★☆☆

難易度★★☆☆☆

 

行楽シーズンである休日に東京から会津方面に向かいました。

無計画だった事も拍車を掛け、出発する時の交通情報は、どこもひどい渋滞です。

そんな時に通ったルートを紹介します。

 

出発地はお台場あたり、有明JCTとしておきます。

既に湾岸線はディズニーランドへ向かう車で大渋滞です。

ここでルートの種明かしをしておくと、湾岸線を東に走り、東関東道圏央道常磐道磐越道を走って、会津若松に至る形で進みます。

湾岸線の渋滞の際は、国道357号線で側道を走るとか、中央防波堤のトンネルと通るとかあると思いますが、成田に向かうリムジンバスも湾岸線上を走っていたので、いつもの渋滞の許容範囲だったのかもしれません。

ディズニーランド向けの車の渋滞・混雑は舞浜で終わりました。

電光掲示板には、宮城野JCTで渋滞と出ていて身構えましたが、渋滞していたのは木更津・館山方面に向かう車で東関東道を直進する車は大丈夫でした。

 

成田を過ぎて、大栄JCTから圏央道に入ります。

圏央道は片側一車線の対面通行です。

快調に走っていたものの、阿見東を過ぎてから渋滞が始まります。

片側一車線なので、どうにも逃げようがありません。

進んでいくと、この渋滞の元凶がわかりました。

つくばJCT常磐道に入る車が詰まっていたのです。

本来は、つくばJCT常磐道に入らなければいけませんが、これは待っていても時間の無駄と判断し、JCT付近で2車線になった時に渋滞から外れて、常磐道方面には行かずにそのまま直進する事にしました。

つくばJCTを過ぎ、対向のつくばJCTに向かう車は、ひたすら渋滞していました。

このまま東北道に行っても仕方が無いので、つくば中央ICで圏央道を離れます。

 

つくば中央ICを左折で出て、サイエンス大通りを少し南下します。

3つ目の信号を左折します。

(両脇にラーメン屋さんがある場所を過ぎた信号です。)

難しいようであれば、この先の「上横場」交差点で左折でも良いかと思います。

そのまま進んでいくと、国道354号に合流する形となります。

国道354号線国道408号線が交わる「榎戸」交差点付近です。

国道354号線を東に走り、桜土浦ICから常磐道に入ります。

あのままつくばJCTで並び続けていたら、いつ到着するかわからないところでした。

 

その後は、常磐道をひたすら北上します。

桜土浦のあたりは、まだ渋滞していましたが、完全に車が停止しない程度でした。

千代田石岡を過ぎると、スムーズに進み始めます。

尚、休憩を取る時、SAはどこも駐車場の空き待ちの車で溢れていました。

休憩はコンビニや売店があるPAがおすすめです。

茨城県を抜けて福島県に入ってから、いわきJCT磐越道に入ります。

 

磐越道は高規格で快適に走る事が出来ました。

圏央道も、これくらい快適に走れたらいいんですけどね。

SAの状況は常磐道と変わらず、駐車場の空き待ちの車で溢れていました。

ただ磐越道は売店・コンビニ付きのPAが無いので、諦めてSAで並ぶか、一度高速を降りてからコンビニに入るしか無いですね。

 

そしてやっとの事で会津若松に到着です。

都内を8時頃に出て、途中で休憩をしながらですが、14時過ぎに到着しました。

 

こういう時期に出掛けるという事は、大渋滞を覚悟しなければいけないのですが、それにしても圏央道の渋滞は何とかならないかと、思ってしまいます。

中央道上りの渋滞回避①

渋滞回避度 ★★★☆☆

難易度★★★★☆

 

中央道上りの渋滞というのは誰もが非常に悩むポイントかと思います。

「上野原付近の渋滞」と言ってしまうと1つに見えてしまうのですが、細かく見ていくと2つの渋滞から成り立っています。

この2つを分けて考えた結果、今回紹介するルートになりました。

 

中央道を西から走ってきて、大月あたりで渋滞が始まったら、大月ICで出てしまいます。

この渋滞、完全に車が止まってしまう事が何度かありました。

 

大月ICを出て左に出て甲州街道をひたすら東に向かいます。

大月を出たあたりは道幅は狭くなく、運転が苦になる事は無いと思いますが、猿橋駅を過ぎたあたりから、道幅が狭くなり、軽い峠道になってきます。

峠道が苦手な方は気をつけて下さい。

尚、今回紹介するルートだと一区間のみ一般道を利用する形ですので、上野原ICから中央道に復帰します。

上野原高校入口で右折し、上野原駅近くを通り、上野原ICに入ります。

 

上野原から中央道を走る際は、なるべく右車線をキープするようにします。

車線変更が不安な方は無理にやる必要は無いですが、八王子から圏央道に入る場合も右車線を走った方が流れが良いです。

小仏トンネルを抜けて八王子JCTに至るまでで左車線に入るチャンスは必ずあると思いますので。

 

尚、上野原で中央道に戻ったのは以下の理由です。

  • 上野原より東京寄りの甲州街道は更に険しい道のため。
  • 小仏トンネル手前の渋滞は静止する事は少なく、一応前には進む為。

 

いずれ他のルートも実際に走ってみようと思いますが、今回は上野原降りのルートの紹介でした。